教育機関

 当社は、AR/VRのICT支援・推進企業として、GIGAスクール構想の実現やデジタル教科書の導入等、日本の教育の発展に向けた、積極的な教育現場への協力と貢献を目指しています。

AR/VRによる教育のメリットと活用例

AR/VRによる教育のメリット

1.体験型学習、能動的学習(アクティブ・ラーニング)

 ⇒知的好奇心の刺激、学習モチベーションのアップに
  つながる。

2.高い再現性、現実に近いシミュレーション、情報の
 3D化・可視化

 ⇒即時対応力や応用力の養成、理解が促進される。

3.教材の小型化、携帯のしやすさ、アプリ化

 ⇒時間や場所に依存せず学習できる。

4.STEAM教育の実現

 ⇒科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、リベラル アーツ・

  教養(Arts)、数学(Mathematics)を活用した文理融合の課題解決型教育の実現

5.遠隔授業(オンライン授業・リモート授業)の実現

◎これらのメリットにより、従来の学習にはない「高い学習効果」が得られます。

VR教育の活用例

活用例1:校外学習・社会科見学・自然体験学習・
      職業疑似体験

活用例2:実験・実習系学習・実技4科(保健体育・
      
技術家庭・美術・音楽)    

活用例3:英会話などの語学学習、古典・現代文学習

活用例4:学校の防災訓練・避難訓練

◎シミュレーションによって、リアルに近い体験に基づく学習が可能になり、知識の吸収が
 劇的に向上します。

AR教育の活用例

活用例1:身近な図鑑、教科書、問題集等の学習

・図鑑にスマートフォン等をかざすと生物の動画、動植物の構造が見られる。

・教科書にスマートフォン等をかざすと自然・生命・
 歴史・社会・科学・技術・芸術・体育・産業(職業)
 などの動画が、音声や文字解説と一緒に見られる。

・問題集にスマートフォン等をかざすと解答・解説・類題などが表示される。

活用例2:実験・実習系学習・実技4科(保健体育・技術家庭・美術・音楽)

活用例3:英語翻訳などの語学学習、古典・現代文学習

 ◎情報が3D化、可視化され、自分の目で見るリアルな体験に基づく学習が可能になり、
  知識や技能の習得が一層促進されます。

大学・学校教育現場でのAR/VR活用(参考例)

AR/VR技術を活用し、英語など語学の4技能(リーディン、ライティング、リスニング、スピーキング)全ての論理的思考力、実践応用力を身につけるトレーニングを行う。英単語の意味、発音、用法などの基礎知識はARを活用するほか、リスニングやスピーキングなどは、教室等でVR技術を活用して、リアルに近い模擬体験をしながら語学トレーニングを行う。

・タイムトラベル(時間旅行)やテレポーテーション(瞬間移動)を計画して、歴史上の人物に会ったり、世界遺産・建造物を見たりする。

 ・校外学習方法として、VR技術を活用して、先生がガイド役となり、生徒たちは、国内だけでなく世界各地の風景を360度の映像や3DCG画像を見ながら教室等で学べる。自然体験学習、文化・芸術学習、職業体験学習など、学べる分野・対象は多岐にわたる。

 ・大学・学校のオープンキャンパスや学校案内において、AR技術を活用できる。専用のアプリを指定の写真等にかざすと、学長や先輩からのメッセージ、キャンパス・学校施設内の様子などが、動画や画像で見ることができる。新感覚で楽しみながらの大学・学校案内が可能になる。

遠隔授業(オンライン授業・リモート授業)として活用できる。

GIGAスクール構想の実現とAR/VRの導入・活用

GIGAスクール構想の実現により、1人1台の端末が整備される中で、デジタル教科書にも対応したAR/VRの活用は、教育に多くのメリットをもたらします。

 GIGA = Global and Innovation Gateway for All
    
(全ての人にグローバルで革新的な入口を)

・文部科学省が主導する国家プロジェクト

デジタル教科書AR/VRの導入・活用

文部科学省は、2024年度の次期教科書改訂にあわせて、デジタル教科書同年度に小学校で本格導入する方針を示しました。

今後、本格導入されるデジタル教科書にも対応したAR/VRの活用は、教育に多くのメリットをもたらします。

EON-XR Platformのご案内

世界中で4千万人以上の方々が利用されています。
100万点以上AR/VRの3Dモデルにアクセスできます。

 

使いやすさ

・教育およびトレーニング⽤のAR(拡張現実)VR(仮想現実)のレッスンを簡単に、
 
プログラミングや高度な専門技術を必要とせずに独自で作成して、使用することができます
 (マルチユーザー

アクセスのしやすさ

・個人のスマートフォン・タブレット・パソコンなど、一般的なデバイス(端末・機器)
 で使用することができます
マルチプラットフォーム

管理のしやすさ

・データとユーザー情報を安全かつ厳格なプラットフォーム(基礎・土台)で管理可能です。

接続のしやすさ

・教育、研修、現場技術に対してシームレス(途切れない)AR/VRプラットフォーム
 (基礎・土台)を提供可能です。

 

◎このEON-XR Platformの活用により、体験的・能動的・文理融合の課題解決型であるSTEAM教育実現やEdTechの導入が可能になります。

日本語への対応も可能です。


STEAM教育:科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、リベラル         アーツ・教養(Arts)、数学(Mathematics)を統合する教育手法

EdTechEducation(教育)×Technology(科学技術)を掛け合わせた造語。
      
AIIOT、AR/VR等のテクノロジーを活用した革新的な能力開発技法

 

♦遠隔授業オンライン授業)に役立つ「XRミーティング」機能があります。

XRミーティング」機能は、EON-XRプラットフォームに統合されています。

・複数の参加者による作業が可能
・VOIP(ボイス・オーバー・インターネット・プロトコル):音声通話が可能です。
・プレゼンター機能
・ミュート機能
・インタラクティブな3Dモデルをリアルタイムで共有し、その3Dモデルを使用した共同作業が可能。
・AR(拡張現実)モード
・画面録画機能 等

100万点以上AR/VRの3Dモデルにアクセスできます。

※オンラインによるデモンストレーションも可能です。

アプリケーション例・導入事例のご紹介

EON Reality社のウエブサイトへ移行します。
※必要に応じて、日本語翻訳機能をご利用くださいませ。
移行先のウエブページ上で、右クリック、日本語に翻訳 等。)

 

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

043-296-8737

定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

043-296-8737

フォームでのお問合せを受け付けております。お気軽にご相談ください。

ごあいさつ

吉 満 貴 志
(よしみつ たかし)
  • ソフトアンドニュー株式会社代表取締役

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。