よくあるご質問

よくあるご質問とその回答をご紹介いたします。どうぞ参考にしてください。

AR、VR、MR、ICT、AIについて教えてください。

具体例を上げてご説明いたします。

ARAugmented Reality:拡張現実)

ARは、現実の風景にコンピューターで作られたデジタル情報を重ね合わせることで、現実の世界を拡張したり、人間の現実認識を強化する技術です。スマートフォンのカメラ機能やスマートグラス等を使って現実世界を眺めると、実際にはない情報(映像・画像等)が目の前に現れて、現実世界を見ることができます。スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」では、このAR技術が使われており、スマートフォンのカメラ機能を使うと、目の前に架空の生物「ポケットモンスター」が現れて、遊ぶことができます。

 

VRVirtual Reality:仮想現実)

コンピューターによって作られた仮想的な世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術です。専用のゴーグル型のヘッドマウントディスプレイ(HMDHead Mounted Display)などを頭に装着することで、人工的に作り上げた環境である仮想世界に完全に没入したような感覚が得られます。まるで自分が小人になったかのように、人体に入って心臓などの臓器を内側から360度見ることができたり、家にいながら外国の観光地の風景を360度見ることができ、さながら海外旅行ができているような体験ができます。

 

MR(Mixed Reality:複合現実)

仮想世界と現実世界を重ね合わせて体感できる技術です。MRは、ARとは逆に、主体は仮想世界(デジタル空間)です。その仮想世界に現実世界の情報を重ね合わせることで、仮想(バーチャル)世界をより現実的(リアル)に体感できるのがMRです。例えば、目の前に現れた3D映像のゲームキャラクターと一緒に遊んでみたり、目の前に現れた離れた場所にいる複数の人と一緒に会話をしたり、目の前の手で触る動作によって共同作業をしたりすることもできます。ゲームやエンターテインメントから、テレワーク(リモートワーク・在宅勤務)、遠隔授業(リモート授業)等のビジネスや教育にいたるまで、あらゆる分野での活用が期待されています。

 

ICTInformation and Communication Technology:情報通信技術)

ICTは、これまで多く使われてきたITInformation Technology:情報技術)とほぼ同義の意味です。しかし、ITが情報技術そのものであるのに対し、ICTは通信技術を使って、人とインターネット、人と人とがつながる技術を指す場合もあります。例えば、活用例として、ITはコンピューター、ソフトウェア、アプリケーションなど。ICTはメール、チャット、SNSAR(拡張現実) 、VR(仮想現実)などを活用例とされることもあります。

 

AIArtificial Intelligence:人工知能)

人間の脳が行う思考や記憶といった知的能力や作業をコンピューターによって再現したものです。プログラミングされたロボットとAIの違いは、人間のような記憶や思考ができるか否かにあります。AIは記憶や思考ができるため、人間のように自ら成長していくことができます。身近なAIの活用例は、お掃除ロボットの「ルンバ」、自動車の自動運転、コミュニケーション型ロボット「Pepper(ペッパー)」、スマートフォンなどの音声認識アシスタント「AppleSiriHey Siri!)」、「GoogleGoogle アシスタント(OK Google!)」、また映画「ターミネーター」の機械などにも搭載されています。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

043-296-8737

定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

043-296-8737

フォームでのお問合せを受け付けております。お気軽にご相談ください。

ごあいさつ

吉 満 貴 志
  • ソフトアンドニュー株式会社代表取締役

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。